パンケーキスワップの始め方・使い方とCAKEの将来性を解説

パンケーキスワップアイキャッチ
しゃもちゃん

仮想通貨で稼ぐ方法って値上がり益と他に何かない?

釜飯

ある程度長期保有を考えているならDeFiで運用するのがおすすめですよ

しゃもちゃん

DeFiとかDEXとかよくわからないんだけど。。。

釜飯

パンケーキスワップは日本語で表示も可能だから初心者でも安心ですよ

しゃもちゃん

あっ!うさぎがパンケーキ焼いてるの見たことある!

釜飯

見た目も可愛いパンケーキスワップを初心者でもしっかり使えるように画像付きで解説していきます!

この記事でわかること
  • パンケーキスワップとは?
  • パンケーキスワップの特徴や将来性
  • パンケーキスワップのサービスと使い方
    • 指値注文のやり方
    • イールドファーミングのやり方
    • ステーキングのやり方
  • $CAKEトークンの将来性

下記3点はパンケーキスワップを使うにあたって必須なので準備しておきましょう

  1. 国内の仮想通貨取引所
  2. の口座開設
  3. メタマスク(ソフトウェアウォレット)

必要な3点の準備方法

目次

パンケーキスワップとは?

パンケーキスワップとは?DEFIとは?

パンケーキスワップとはBSC(Binance smart chain)上に展開されている、分散型取引所(DEX)です。

DEXとは?

DEX(分散型取引所)やCEX(中央集権取引所)があります。

DEXはスマートコントラクト(自動契約)によって管理されていて、中央組織がありません。

取引はスマートコントラクトによって管理されているため特定の人物の意向で急な変更等ができません。

そのため、ガバナンストークンが存在します。(パンケーキスワップでは$CAKE)

運営方針やサービスの変更にガバナンストークンを使って投票します。

CEXは中央集権取引所となり、明確な運営団体が存在します。

国内取引所だとコインチェックやビットフライヤーなどが中央集権取引所となります。

海外取引所ではBinance(バイナンス)やGate.io(ゲート)です。

公式サイト
https://pancakeswap.finance/

BSC(Binance smart chain)は世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が開発している、ブロックチェーンです。

パンケーキスワップを利用するにはBSC(Binance smart chain)に対応した仮想通貨が必要になります。

BSC(Binance smart chain)の代表的な仮想通貨「$BNB」「$BUSD」を用意しましょう。

しかし、BSC(Binance smart chain)に対応した仮想通貨は国内取引所では販売していません!

準備方法をこちらで詳しく解説

どんな構造で仮想通貨が増えていくのか

パンケーキスワップはDEX(分散型取引所)ということがわかりました。

パンケーキスワップは「AMM(自動マーケットメイカー)」というプロトコルを採用しています。

AMMは自動マーケットメイカーという名の通り、決められたルールに沿って自動で市場が作られていきます。

そこで重要となるのが、流動性の提供です。

2つの仮想通貨を組み合わせ「LP(エルピートークン)」と呼ばれるトークンを作成します。

LPトークンを「流動性プール」へ提供する事で市場が作られていきます。

流動性を提供した人(LPトークンを提供した人)は、報酬として利息を受取ります。

パンケーキスワップの場合、$CAKEを報酬として受取ることができます。

CAKEはガバナンストークンとしての性質を持ちますが、仮想通貨としての価値もあるため得たCAKEを売却し利益を得ることも可能です。

パンケーキスワップはいつ誕生したの?

パンケーキスワップはBSC(Binance smart chain)上で、2020年にローンチしました。

運営者の本名は、非公開になっています。

(みんなChefと呼ばれ、ニックネームで活動している)

パンケーキスワップ運営者

パンケーキスワップの特徴

  • 手数料が安い
  • 独自トークンCAKE
  • DeFiを始めるならパンケーキスワップが通例

一つずつ見ていきます。

手数料が安い

同じDEXのユニスワップと比べ、格段に手数料が安いです

ユニスワップは、イーサリアムチェーンで利用されています。

現在イーサリアムチェーンは、「スケーラビリティ問題」に直面しています。

スケーラビリティ問題とは?

ユーザー数の増加により、処理速度が低下したりガス代が高騰したりすること。

特にガス代のデメリットが大きく、高い時で数万円かかることも。

この問題を解決するために、イーサリアムは「イーサリアム2.0」にアップデート中です。

一方BSC(Binance smart chain)は、現時点で手数料は数十円ほどです。

イーサリアムチェーンを使用している「ユニスワップ」と比較して、手数料が格段に安いです。

この理由ですがBSC(Binance smart chain)のデータ処理方法は、イーサリアムとは異なった処理方法を採用しています。

BSC(Binance smart chain)では「中央集権的な要素」を含みます。

しかしその分、スケーラビリティ問題(処理速度の低下)の影響を抑えて「手数料の高騰を防ぐ」ことを可能にしています。

パンケーキスワップの独自トークンCAKEについて

「$CAKE」はパンケーキスワップの「ガバナンストークン」です。

もっていると、パンケーキスワップの運営に携わることができます。

金利として受け取れる

$CAKEはパンケーキスワップに流動性を提供することで受取ることができます。

ステーキング「イールドファーミング」で、利息として獲得することもできます。

ステーキングとは?

パンケーキスワップに仮想通貨を単体であずけ、流動性を提供することで利息を獲得できます。

ステーキングのやり方についてはコチラ

イールドファーミングとは?

2種類の仮想通貨を組み合わせてパンケーキスワップ上に仮想通貨をあずけます。2つの通貨の流動性を提供することで報酬を獲得できるシステムのこと。

イールドファーミングのやり方についてはコチラ

なぜ初心者はパンケーキスワップがおすすめなのか

「初心者がDeFiを始めるならパンケーキスワップから」というのが、通例となっています。

その理由は・・

  • 手数料が安い
  • ユーザー数が多く、情報があふれている
  • 日本語対応している
  • 使い方がカンタン

まずはパンケーキスワップで、しっかり練習することをオススメします。

その他有名DEX

パンケーキスワップ以外にも有名なDEXは多数あります。

対応しているチェーンがそれぞれ違うので確認してから使いましょう!

名称対応チェーンURL
ユニスワップ(Uniswap)イーサリアムチェーンhttps://app.uniswap.org/
レイディウム(Raydium)ソラナチェーンhttps://raydium.io/
クイックスワップ(QuickSwap)ポリゴンチェーンhttps://quickswap.exchange/
アーススワップ(ArthSwap)アスターネットワークhttps://app.arthswap.org/
おすすめDEX一覧

ユニスワップ(Uniswap)はイーサリアムチェーンのスケーラビリティ問題に直面しているため手数料が非常に高いです。
※スケーラビリティ問題とは、取引が増えることで遅延がおきて処理に多くの時間が必要となっている問題です。マイニングしている人への報酬を上げることで処理が優先される仕組み

イーサリアム上でスワップ(交換)すると10ドル以上の手数料が取られることもあります。

どーしてもイーサリアムチェーンじゃないとダメ!というわけではない場合、手数料の安いチェーンのDEXを使いましょう。

無名なコインの購入ができる

日本の仮想通貨取引所に上場していない「草コイン」と呼ばれる無名な仮想通貨の購入もできます。

草コインの特徴として

  • 知名度が低い
  • CEX(中央集権取引所)未上場
  • 時価総額が低い
  • ローンチ直後のコイン

このような特徴があります。

そのため、インフルエンサーがツイートしたりニュースになるだけで爆発的に価格が上がる可能性もあります。

注意点

DEXへの登録はブロックチェーン上に仮想通貨を作ることができる人であれば誰でも可能です。

有望な草コインもあれば詐欺のコインもあるので充分に注意が必要です。

草コインの取扱いが豊富なCEX(中央集権取引所)もあります。

海外取引所のGate.io(ゲート)は2,000種類以上のメジャーコイン・草コインの取扱いがあるのでDEXでの購入が心配な人にはおすすめです。

Gate.io(ゲート)の口座開設について画像付きでまとめましたので参考にしてみてください。

Gate.io(ゲート)の無料開設はコチラ

ハッキングされる可能性が低い

パンケーキスワップなどのDEXは分散型取引所のためハッキングのリスクが低いです。

取引所は危険?

CEX(中央集権取引所)を利用するということは、ウォレットをCEX上に作ります。

そのウォレットの管理は運営会社が行うため、CEX(中央集権取引所)がハッキングされると仮想通貨が盗まれることも考えられます。

その反面、パンケーキスワップなどのDEXは利用者個人がウォレットの管理を行います。

DEX上でウォレットを管理するわけではなく、使いたいときにウォレットとDEXを接続します。

このような仕組みのため、仮にDEX(分散型取引所)がハッキングされたとしても個人のウォレットに入ってる資金は盗まれることがありません。

パンケーキスワップを始めるのに必要なもの

パンケーキスワップを使うには、BSC(Binance smart chain)に対応している仮想通貨を用意する必要があります。

ビットバンクとBinance(バイナンス)の口座開設は済ませておきましょう。

BSC(Binance smart chain)に対応している仮想通貨は日本国内の取引所では買えません。

そのため、下記の流れでパンケーキスワップを使います。

パンケーキスワップを始めるには?

STEP
メタマスク(MetaMask)の導入

Chromeブラウザにメタマスクを導入しましょう!

メタマスクウォレットとパンケーキスワップを接続することで始められます。

作り方はかんたんなので安心してください!

クリックでメタマスクの導入へ移動します

STEP
国内取引所で仮想通貨を購入

ステラルーメン(XLM)を取引所で購入できる「ビットバンク」がおすすめ。

クリックで日本円を仮想通貨にする方法へ移動します

STEP
日本で購入した仮想通貨をBinance(バイナンス)へ送金する

購入した仮想通貨をバイナンスへ送金します。

送金する仮想通貨によって手数料が違うので下記を参考に安く送金しましょう!

手数料を抑えてバイナンスに送金しよう

STEP
Binance(バイナンス)でBNBかBUSDを購入する

Binance(バイナンス)に送金したらBNBかBUSDに交換します。

BNBまたはBUSDを購入する方法

STEP
Binance(バイナンス)からメタマスクに送金する

Binance(バイナンス)からメタマスクにBNBかBUSDを送金したら、さっそくパンケーキスワップを使っていきましょう!

メタマスクを準備しよう

メタマスクロゴ

パンケーキスワップは「メタマスク(ソフトウェアウォレット)」を接続して利用します。

メタマスクの導入はとてもかんたんなので安心してください。

ソフトウェアウォレットってなに?

ソフトウェアウォレットってなに?

ウェブブラウザの拡張機能にインストールする仮想通貨のお財布です。

スマホでも使えるウォレットもあるのでどこでも仮想通貨のお財布をチェックすることができます。

インターネットに接続して、仮想通貨の送金・受け取りができます。

NFTの購入や売却・ブロックチェーンゲーム・De-Fiを利用する時にウェブサイトとウォレットを接続して使います。

ここで紹介するウォレットは個人で管理するウォレットです。

パスワードとシークレットリカバリフレーズは厳重に保管してください。

イーサリアム系ウォレット

メタマスクは月間アクティブ数が2,000万人以上と言われる有名なウォレットです。

機能はシンプルに!なにより使いやすいので入門ウォレットに最適です。

Solana系ウォレット

ファントムウォレットがダントツで使いやく、ウォレットのみでスワップやステーキングを完結する事も可能です。

Solnaa(ソラナ)やRaydium(RAY)などが使えるウォレットです。

PolkaDot系ウォレット

PolkaDot{.js}というウォレットがあります。

公式からダウンロードでき、Moonbeam(GLMR)やAcala(ACA)、Astar(ASTR)を追加出来るウォレットです。

仮想通貨を購入する

バイナンススマートチェーン(BSC)の仮想通貨はBinance(バイナンス)で購入します。

国内取引所では販売していないので、Binance(バイナンス)へ送金用の仮想通貨を購入します。

まずは日本円を仮想通貨にしていきましょう!

STEP
国内仮想通貨取引所で購入

国内仮想通貨取引所でステラルーメン(XLM)を購入してバイナンスへ送金しましょう

STEP
バイナンスで「BNB」か「BUSD」を購入

BINANCE(バイナンス)公式サイト

バイナンススマートチェーン(BSC)の仮想通貨であれば何でもオッケーです!

使いやすいのは「$BNB」「$BUSD」です。

国内口座は1つだけですか?

質問

海外の口座も含め複数もっておくことで、購入出来ない通貨や送金出来ないという事がなくなります。

取引所によってサービス内容が違うので使い方によっては損してることもあるかもしれません!

厳選して用途によって使い分けが出来る取引所をまとめておきました。

取引所正しく使い分ける方法

パンケーキスワップのサービスと使い方

仮想通貨とメタマスクの準備が出来たらさっそくパンケーキスワップを使っていきましょう!

パンケーキスワップ公式サイト
https://pancakeswap.finance/

日本語にも対応しているので安心して操作できますよ

日本語表示に切替える

パンケーキスワップを日本語表示にする

パンケーキスワップのサービス

パンケーキスワップは、多くのサービスを展開しています。

パンケーキスワップのサービス

  • Swap
  • Limit
  • Liquidity
  • Perpetual
  • Farms
  • Pools
  • Trading competition
  • Predection(Beta)
  • Lottery
  • Overview
  • Collections
  • Activity
  • IFO

全てではないですが、ざっとこんな感じ。

1つずつ、簡単に説明します。

スワップ(Swap)のやり方

自分のもっている仮想通貨を、目的の仮想通貨に「交換する」ことです。

使い方もシンプル。

枚数を入力するだけで、交換できます。

スワップのやり方

STEP
パンケーキスワップ公式サイトへ移動

Googleで検索した場合、詐欺サイトが表示される事があります。

URLを必ず確認してからメタマスクを接続してください。

初めてアクセスする場合は右上の「ウォレットを接続」をクリックしましょう。

パンケーキスワップトップページ
STEP
パンケーキスワップとメタマスクを接続する

パンケーキスワップが対応しているウォレットが表示されます。

今回はメタマスク(MetaMask)を接続していきます。

パンケーキスワップとメタマスクを接続する
STEP
「トレード」から「スワップ」をクリック
パンケーキスワップでスワップ
STEP
スワップしたい数量を入力

今回は「BUSD→CAKE」にスワップしていきます。

上段(赤枠)にいくら分スワップするか、又は下段に何枚のCAKEが欲しいか入力します。

入力が終わったら「スワップ」をクリックしましょう。

パンケーキスワップでBUSDをCAKEへスワップ
STEP
スワップできない場合

流動性が高い通貨同士の場合はあまり起きませんが、マイナー通貨(草コイン)の場合はスワップできない場合があります。

その場合は歯車マークをクリックして設定から「スリッページ許容度」を変更しましょう。

スワップ時のスリッページ許容度を変更しましょう

スリッページ許容度とは?

入力してスワップを押した瞬間の価格と、実際に約定価格の差のことを言います。

市場は常に動いているためスワップできないときはスリッページ許容度を変更してみましょう。

注意点:高く設定し過ぎると思わぬ価格で約定することもあるので少しずつ上げていくのがおすすめ

スワップ(Swap)には手数料がかかります。パンケーキスワップの手数料は「BNB」で支払うので用意しておきましょう。

STEP
スワップの確定

ポップアップが出てきます。

「スワップの確定」をクリックしてスワップを完了しましょう!

「39.831BUSD→10.1045CAKE」のレートで確定させましょう。

スワップの確定画面
STEP
メタマスク(MetaMask)の確認

スワップの確定をクリックすると、メタマスクが立ち上がります。

ガス代(fee)の確認が表示されますので問題なければ「確認」をクリックしましょう。

スワップ確定後にメタマスクでガス代(fee)を確認する
STEP
スワップの完了

メタマスクの確認をクリックして少し待つと、「レシート」が表示されます。

クリックすると、「BscScan」で取引の詳細が確認できます。

スワップが完了するとレシートが表示される
釜飯

スワップは難しい操作もなく、かんたんにできます!

リミット(Limit)注文※指値注文

リミット(Limit)注文とは「指値注文」です。

指値注文とは、希望の価格で「買い」または「売り」の注文を出すことです。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)上での価格が、指定した価格になると取引が成立します。

流動性(Liquidity)

流動性は、2つの異なるトークンを「ペア」にすることで提供します。

「LPを組む」ともいいます。

LPトークンにすることでLP報酬が受け取れます。

各組み合わせによって報酬が違うのでLPトークンを作る際に確認しましょう。

どのペアでLPトークンを作るかファーム(Farm)を確認して決めましょう!

年率を確認する方法

STEP
「獲得」から「ファーム」をクリックします
パンケーキスワップのファーム
STEP
年率を確認してみよう

「並び替え」で好きな順番に変更することができます。

パンケーキスワップのファームで年率の確認

年率は仮想通貨の組み合わせによって変化していきます。

年率が高いということは、流動性が低いため提供して欲しいということになります。

今回の場合ですと「WOM-BUSD」の組み合わせで「320.72%」と破格の年率です!

ですが!

BUSDはステーブルコインで米ドルと連動した通貨ですが、WOMは草コインです。

WOMの価格変動が激しいとも予想できます。

LPトークンを作るときは知名度・流動性の高い組み合わせを選ぶのがおすすめです。

それではパンケーキスワップに、流動性を提供するペアを選択していきましょう。

LPトークンの作り方

STEP
「流動性」をクリックします
パンケーキスワップでLPトークンを作る
STEP
「流動性の追加」をクリックします
パンケーキスワップに流動性の追加
STEP
「BNB+CAKE」のLPトークンを作る

今回はBNBとCAKEのLPトークンを作っていきます。

組み合わせを選択したら「流動性の追加」をクリックします。

LPトークンの組み合わせを選択する
STEP
1:1の割合になるようLPトークンを作る

1:1と言っても自動で計算してくれます。

今回、CAKEを持っていない状態です。

持っているBNBをCAKEと1:1になるよう自動計算してもらいます。

CAKE側は入力しなくても自動で1:1になるよう計算してくれます。

BNBはパンケーキスワップの手数料としても必要なので少量残しておきましょう。

BNBの数量を入力したら「供給」をクリックします。

BNBの数量を入力してCAKEと1:1の割合にする

サプライの確定をクリックします。

サプライの確定をクリック
STEP
メタマスクでガス代(fee)を確認しLPを追加する

ガス代(fee)が表示されます。「確認」をクリック。

メタマスクでガス代(fee)を確認する

「Add Cake-LP to Wallet」でメタマスクに追加。

メタマスクにLPトークンを追加する
STEP
トークンの追加とレシート

「トークンを追加」をクリックします。

メタマスクにLPトークンを追加

LPトークンの処理が完了するとレシートが発行され取引の詳細確認ができます。

LPトークンの処理が終わるとレシートが発行される

ファーム(Farms)

もっているLPトークンを預けると、LP報酬にプラスして「ファーミング報酬」が獲得できます。

利回りは高くなりますが、「インパーマネントロス」のリスクがあります。

インパーマネントロスとは、「LPを組まずトークンを別々に持っていた方が儲かっていた」という状態

パンケーキスワップでは、「1:1」の割合でLPを組みます。

トークン同士の価格差が大きくなることで、インパーマネントロスが発生する点は抑えておきましょう。

ファーミングのやり方

STEP
「獲得」から「ファーム」をクリックします
パンケーキスワップのファーム
STEP
CAKE-BNBのファームを有効にする

CAKE-BNBのLPを作りました。

CAKE-BNBのファームを有効にしましょう。

CAKE-BNBのファームを有効にする
STEP
アクセス権限を与える

メタマスクが立ち上がるので「確認」をクリックして権限を与えます。

Cake-LPへのアクセス権限を与える
STEP
LPステーキングが有効になる

「LPをステーキング」をクリックします。

LPをステーキングする
STEP
ステーキングする数量を入力しガス代(fee)を確認

CAKE-BNBのLPを全てステーキングします。

LPトークンをステーキング

メタマスクでガス代(fee)を確認します。

メタマスクでガス代(fee)の確認
STEP
定期的にCAKEを収穫しましょう

表示されている「年率(APR)」にならって、$CAKEが増えいていきます。

報酬は「収穫(Harvest)」から回収していきます。

忘れずに収穫をしましょう!

CAKEを収穫しましょう
釜飯

LPトークンを作ってファーミング完了です!収穫が楽しみですね!

Perpetual

有効期限のない「先物取引」です。

先物取引とは現時点で売買の価格や数量だけを約束しておき、期日が来たら実際に売買が実行される取引方法

「Perpetual」は、この有効期限がないバージョン。

レバレッジ取引とショート取引にも、対応しています。

プール(Syrup Pools)

パンケーキスワップのプール

CAKEを単体で預ける(ステーキング)ことで、報酬が獲得できます。

ステーキングとは、単体のトークンを取引所に預けること

利回りはファーミングより低いですが、インパーマネントロスのリスクはありません

報酬は$CAKEや他の仮想通貨の場合もあります。

プールの始め方

トップページの上段の「Earn」をクリックします。

「Earn」→「Pools」をクリックしましょう。

パンケーキスワップのプール

「Syrup Pools」ページに移動します。

Syrup Pools

今回は「Stake CAKE」を選択してみましょう。

「Enable」をクリックして有効にします。

$CAKEのステーキングを有効にします。

メタマスク(Metamask)が起動します。

トランザクション手数料が表示されますので問題なければ「確認」をクリックしましょう。

パンケーキスワップにメタマスクへアクセス権限を与えます

STAKEには「Flexible」「Locked」の2種類あります。

Flexible:預けたCAKEをいつでも取り出せる

ただし、72時間以内に出金すると0.1 %手数料がかかる

Locked:預けたCAKEは、一定期間取り出せない

APYは引き出せない分、Lockedの方が高く設定されています。

  • Flexible:5.18%
  • Locked:111.07%
「Flexible」「Locked」のどちらかを選択する。

ただし、LockedのAPYはロックする期間によって変わります。

今回は「Locked」にして預けます。

「Locked」をクリックしましょう。

期間を決めて$CAKEをステーキングする。

預ける期間の「W」は週間のこと。「10W」は1週間となります。

ロックが「10W」だと、APYは「25.67%」

ロック期間によるAPYの違い(10週)

ロックが「52W」だと、APYは「111.17%」

ロック期間によるAPYの違い(52週)

ロックが長いほどAPYは高いですが、預けている期間の価格変動も理解した上でステークするようにしてください。

Trading competition

$120,000相当の賞金がでる「トレードコンペ」です。

現在、終了しています。

Predection(Beta)

BNBの価格が「上がるか」「下がるか」を予想するゲームです。

的中させたら勝ちです。

Lottery

宝くじです。

1枚5ドル相当のCAKEで、購入できます。

数字が一致したら、賞金がもらえます。

Overview

NFTの「マーケットプレイス」です。

NFTはBNB建てで購入できます。

【初心者必見】NFTとは?

NFTを売る場合は、BNBではなく「WBNB」がウォレットに入るので注意。

「WBNB」は「ラップ」されているので、「BNB」に戻す必要があります。

Collections

コレクション一覧です。

コレクションとは、NFTのシリーズやブランド名という認識でOK。

Activity

アクティビティではパンケーキスワップ内で成立した売買が、「ほぼリアルタイム」で見れます。

IFO

パンケーキスワップに新しくリスティングされるトークンを、「IFO用の固定価格」で購入できます。

株式で言う「IPO」とおなじものです。

IFO用の価格で買っておくと、リスティング後に何十倍も価格が上がることもあります。

IFOは不定期に開催されるので、小まめにチェックしておく必要があります。

参加するにはCAKEが必要です。

パンケーキスワップの$CAKEについて 

パンケーキスワップの時価総額ランキング
出典:https://coinmarketcap.com/

$CAKEは、時価総額71位(2022/09/01時点)のアルトコインです。

パンケーキスワップの、「ガバナンストークン」になります。

ガバナンストークンとは、パンケーキスワップの運営方針を決めるための「投票券」です。

$CAKEをもっていれば、ユーザー側でもパンケーキスワップの運営に携わることができます。

$CAKEのチャート

$CAKEの直近1年間のチャートを見ていきましょう。

金融商品(株・仮想通貨など)の下落により、$CAKEも下落基調となっています。

下落はしているものの、DEX(分散型取引所)は無限の可能性を秘めています。

DEXやDeFiに期待する場合は下落相場は絶好の買い場とも言えるでしょう。

$CAKEを今のうちに少しずつ仕込んでおきたいという場合はまずは国内取引所を開設しておきましょう!

無料口座開設 

$CAKEは「デフレトークン」

仮想通貨には、インフレトークンとデフレトークンがあります。

$CAKEはデフレトークンであり、供給量が徐々に減少するトークン設計になっています。

デフレトークンとは?

発行上限が決められており、定期的な焼却(バーン)により市場へ流通する量を調整し価格を上昇させる

$CAKEのデフレトークンの仕組み

  • 1ブロックあたり排出量を40 CAKEから14.5 CAKEに減らし、流通に制限をかけている
  • CAKEの発行枚数が、「7億5,000万 CAKE」に設定されたこと
    参考URL : https://coinpost.jp/?p=349827
  • トークンが定期的にバーン(焼却されてこの世からなくなること)
    • 結果として、トークンの枚数は減っていく
      例えばSwapの手数料でCAKEが買い戻されバーンされる、 宝くじに使ったCAKEがバーンされる、など

デフレトークンのメリットは、トークンが使用されるごとに総供給量が減っていき、トークン1枚あたりの希少性が上がっていくことです。

つまり長期的にみて、トークンの価値が上がりやすい設計になっているということです。

インフレトークンとは?

反対にインフレトークンは、トークン量が増えつづけることで1枚あたりの価値が下がること。
発行枚数に制限のないトークンが、これにあたります。

$CAKEのユーザーが増えれば増えるほど、$CAKEの価格は上がっていくことが予想されます。

CAKEが上場している海外取引所

パンケーキスワップの将来性

パンケーキスワップは長期的にみて、まだまだ成長する可能性があります。

パンケーキスワップは、DeFi初心者の登龍門となっています。

DeFiが広まるにつれて、とくに初心者は「手数料の安いパンケーキスワップに集まる」と予想できます。

またNFTやIFOなど、パンケーキスワップは独自のサービスを展開しています。

独自のサービスは、プロジェクトの強みになります。

仮にイーサリアムのスケーラビリティ問題が解決したとしても、ユニスワップとの差別化につながります。

更にパンケーキスワップは直近のロードマップを公開しています。

2022年4月〜6月の予定

  • LockedステーキングのAPY改善
  • 予測ゲームのアップグレード、BNB以外の通貨の対応など
  • 宝くじのアップグレード
  • 流動性の提供をもっと手軽に(ワンクリックでLPを組めるようにアップグレード)

このように定期的にロードマップが公開されていると、運営側の計画性と誠実性が伝わり安心できますね。

まとめ

以上、パンケーキスワップの解説でした。

  • BSC上のDEX
  • 手数料が安い
  • DeFi初心者の登龍門
  • イールドファーミング
  • 単体ステーキング
  • デフレトークンCAKE

とくに仮想通貨初心者の方に、オススメです。

実際にLPを組んだり、ファームすることでDeFiが学べます。

ぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次