Ledger Nano S Plusとメタマスクの接続方法 | 振替方法

メタマスクと接続・振替
しゃもちゃん

メタマスク(MetaMask)とLedger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)は連携できるんだよね?

釜飯

メタマスク(MetaMask)はハードウェアウォレットと接続することができます!

しゃもちゃん

使ってるメタマスク(MetaMask)と連携するわけだから、仮想通貨の移動もかんたんにできる?

釜飯

メタマスクのアカウント内で仮想通貨の振替ができるようになります!

この記事でわかること
  1. メタマスク(MetaMask)とLedger Nano S Plusの連携(接続)方法
  2. 接続は必要最低限にとどめる
  3. メタマスクからLedger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)へ資金の移動方法

はコールドウォレットです。

仮想通貨を管理・保管するだけなら基本的にメタマスク(MetaMask)と連携して使う必要はありません。

コールドウォレットやホットウォレットについてはコチラで詳しく解説しています。

仮想通貨ウォレットとは?種類と仕組みを解説

メタマスク(MetaMask)連携をすると、を使ってdAppを使うことができるようになります。

例えばどんなとき?

普段はネット接続していないLedger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)をPancakeSwap(パンケーキスワップ)やUNISWAP(ユニスワップ)などのDeFiに仮想通貨を預けたいときはメタマスクと連携していると便利です。

正規販売店からレジャーナノSプラスを購入 /

それでは、ここからメタマスク(MetaMask)との連携方法と仮想通貨の移動方法について解説していきます。

目次

メタマスク(MetaMask)とは

ソフトウェアウォレットのメタマスク

メタマスク(MetaMask)は世界中で最も使われており、アクティブユーザー数は3,000万を超えているイーサリアム系のソフトウェアウォレットです。

イーサリアムやERC20トークンの管理でき、BSC(バイナンススマートチェーン)やPolygon(MATIC)の管理もできます。

ネットワークの追加もかんたんにでき、仮想通貨を管理するのにとても便利です。

メタマスクはChromeやFirefox・BraveなどのWebブラウザの拡張機能として使います。

もし、メタマスクの導入がまだの人は下記の記事を参考にメタマスクのインストールをしておきましょう。

メタマスク(MetaMask)のインストール方法

メタマスク(MetaMask)とLedger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)の接続

メタマスクのインストールが済んだらパソコンにLedger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)を接続しましょう。

の初期設定が完了している必要があります。

初期設定がまだの方はコチラの記事を参考にどうぞ。

Ledger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)の初期設定とアカウント追加

事前準備

  • Ledger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)がロック状態の場合はPINコードを入力してロック解除しておきます。
  • ブラウザの拡張機能からメタマスクのアイコンをクリックします。
STEP
マイアカウントを表示させる

赤枠で囲んである右上のアイコンをクリックします。

メタマスク(MetaMask)のマイアカウントを表示させる
STEP
ハードウェアウォレットの接続

赤枠の「ハードウェアウォレットの接続」をクリックします。

「ハードウェアウォレットの接続」をクリック
STEP
接続できるハードウェアウォレットの一覧

メタマスクと接続できるハードウェアウォレットが表示されます。

  • Ledger
  • TREZOR
  • LATTICE
  • QR-based

今回はLedgerを選択します。

接続できるハードウェアウォレットの一覧

既にLedgerのウォレットはパソコンに接続されているので「続行」をクリックします。

Ledgerウォレットは接続済みなので「続行」をクリック
STEP
接続の要求を許可

ポップアップで接続の要求があります。

「Nano S Plus」を選択し、「接続」をクリックします。

Nano S Plusとの接続を許可します。
STEP
使っているアカウントを選択

Ledger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)で使っているアカウントを選択し「ロック解除」をクリックします。

Ledger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)で使っているアカウントを選択し「ロック解除」
STEP
メタマスク(MetaMask)のアカウントを切替えてみる

ステップ1で開いたマイアカウントを表示させましょう。

正常にLedger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)がメタマスク(MetaMask)と接続されていると「Ledger 1」というアカウントが追加されています。

正常にメタマスク(MetaMask)と接続されると「Ledger 1」のアカウントが追加される

これでメタマスク(MetaMask)とLedger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)は完了です!

メタマスク内で仮想通貨の振替

1つのメタマスク(MetaMask)の中に複数のアカウントを作ることができます。

Ledger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)とメタマスク(MetaMask)を接続が済むと1つアカウントが増えています。

メタマスク(MetaMask)で管理していたイーサリアム(ETH)をコールドウォレットのLedger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)に移動してみましょう!

STEP
振替たい通貨をクリック

メタマスク(MetaMask)を立ち上げてイーサリアム(ETH)をクリックしましょう。

振替たい通貨をクリックする

「送金」をクリックします。

「送金」をクリック
STEP
自分のアカウント間での振替

「自分のアカウント間での振替」をクリックします。

「自分のアカウント間での振替」をクリック

アカウントを選択します。

「Ledger Nano S Plus」をクリックします。

「Ledger Nano S Plus」のアカウントを選択
STEP
振替数量とガス代(fee)の見積もり

移動したいイーサリアム(ETH)の数量を入力して、「次へ」をクリックします。

ガス代(fee)の見積もりが表示されます。(資金を移動する際の手数料)

ガス代(fee)と移動する資金の合計額を確認したら「確認」をクリックします。
※「確認」をクリックすると移動が実行されます。

振替のガス代(fee)確認
STEP
スピードアップ

送金中の画面が表示されています。

「スピードアップ」は手数料を追加で支払うことで処理が速くなります。

急いでいない場合は気長に待ちましょう。

この時はネットワークが混んでいなかったので1分以内に移動が完了しました。

手数料(イーサリアム(ETH))を増やすと処理が速くなる
STEP
資金の振替完了

メタマスク(MetaMask)のアカウントをLedger Nano S Plusに切替えてイーサリアム(ETH)が届いていること確認しましょう。

Ledger Live上でもイーサリアム(ETH)が届いているのが確認できます。

メタマスク(MetaMask)

メタマスク(MetaMask)に接続しているLedger Nano S Plusの残高

Ledger Live

Ledger Live上でも確認ができる

これでメタマスク(MetaMask)からLedger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)に資金の振替が完了です。

作業したときはイーサリアム(ETH)を他のウォレットに送金するのと殆ど変わらないガス代(fee)でした。

振替となっていますが、ガス代(fee)が掛かるのは忘れないようにしましょう!

メタマスクとLedger Nanoについてよくある質問

Q&A
メタマスクとハードウェアウォレットを接続するメリットは?

メタマスク(MetaMask)はホットウォレットでインターネットに常時接続しているためリスクが高く、Ledger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)はコールドウォレットでオフラインで使うためリスクが低い特性があります。

接続するメリットはお互いのデメリットを補い利便性を高めることができます。

メタマスクを使うブラウザはどれがいい?

Google ChromeまたはFirefoxがおすすめです。

Ledger Nano S PlusとLedger Liveは最新にしておくべき?

Ledger公式サイトでもファームウェアとLedger Liveは最新のバージョンが推奨されています。

イーサリアム以外も管理できる?

メタマスク上ではLedger Nano S Plusに対応しているERC20トークンやイーサリアム、NFTなどが管理可能です。

常時接続してもいい?

Ledger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)はコールドウォレットで基本的にオフラインで仮想通貨を保管します。

そのため、常時メタマスク(MetaMask)と接続するのではなく必要最小限にとどめておきましょう。

正規販売店からレジャーナノSプラスを購入 /

まとめ

メタマスク(MetaMask)との接続方法と1つのメタマスク内で資金の移動方法について解説してきました。

メタマスク(MetaMask)はソフトウェアウォレットとしてとても便利ですが、ホットウォレットということもあり心配な部分も残ります。

Ledger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)と接続することで、お互いのデメリット部分を補う使い方ができます。

とはいえ、Ledger Nano S Plus(レジャーナノSプラス)は仮想通貨を安全に保管するためのウォレットのためメタマスク(MetaMask)との接続は必要最小限にとどめておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次