仮想通貨ウォレットとは? | 安全な保管方法と特徴・仕組みを解説

仮想通貨ウォレットとは?
しゃもちゃん

仮想通貨をウォレットで管理するのって安全度高くなる?

釜飯

取引所だけで保管するよりも、仮想通貨ウォレットと分けることで安全度は高くなりますよ。

しゃもちゃん

「絶対に安全」はなくても、もしものときに備えておきたいな。

釜飯

それじゃ仮想通貨ウォレットについて詳しく解説していきますね。

この記事でわかること
  1. 仮想通貨ウォレットの仕組み
  2. 仮想通貨ウォレットの種類
  3. ハッキングされたのは取引所?
  4. 取引所とウォレットの違い

仮想通貨投資に慣れた頃には資産も増えてきています。

「取引所で保管していれば安全でしょ?」と考える人もいると思います。

「取引所も絶対に安全というわけではない」というのが結論です。

仮想通貨の主な保管方法は2通り

  • 取引所に預けておく
  • 自分で管理する

仮想通貨の保管は主にこの2パターンに分かれます。

自分で仮想通貨を管理するのに最適なのはハードウェアウォレットを使った保管方法です。

おすすめなハードウェアウォレット

仮想通貨のウォレットは使い分けることでリスク分散でき、より安全に資産を守ることができます。

目次

仮想通貨ウォレットとは?仕組みや特徴を解説

仮想通貨ウォレットとは?

仮想通貨投資を始めたばかりの人は殆どが、取引所に預けていると思います。

仮想通貨ウォレットとは何なのか?

ここから詳しく解説していきます。

仮想通貨ウォレットは仮想通貨やNFTのお財布

仮想通貨ウォレットは仮想通貨やNFTの管理ができるお財布(電子財布)です。

仮想通貨やNFTはデジタルデータで、基本的に現物を保管しません。

デジタルデータをウォレットで管理し、高いセキュリティの中で保管することが可能となります。

普段使っている取引所が仮にハッキングや不正流出の被害に遭ったとしても、取引所外のウォレットに保管していれば資産を失うこともありません。

ウォレットによっては、仮想通貨の送金や受け取りも可能です。

仮想通貨の交換機能も出来る仮想通貨ウォレットもあります。

  • 長期で保有するのか
  • 直ぐに送金予定がある

保有期間よって最適なウォレットが変化します。

仮想通貨のブロックチェーンとは

仮想通貨の取引は全てブロックチェーン上に記録されています。

これは分散型台帳と呼ばれるもので、取引の全てが記録され誰でも全ての取引履歴を確認することができます。

取引が1つのブロックに保管されていて、ブロックチェーン上で管理されているため改ざん(変更)が出来ない点が透明性と信頼性の高さの裏付けになっています。

リカバリーフレーズと秘密鍵で厳重に管理されている

仮想通貨ウォレットの仕組みはリカバリーフレーズと秘密鍵で厳重に守られています。

リカバリーフレーズと秘密鍵は混同してしまうことが多いですが、全く性質が違うものです。

ここでは個別に解説していきます。

仮想通貨ウォレットの仕組み、リカバリーフレーズとは?

仮想通貨のウォレットの仕組みには、リカバリーフレーズ(シードフレーズ)があります。

リカバリーフレーズ(シードフレーズ)とは、ウォレットのバックアップです。

どんな時に使う?

  • 新しいパソコンにした
  • ブラウザを変更した
  • 新しいウォレットを買った

このようなときにリカバリーフレーズを使い、ウォレットを復元します。

ウォレットの中にイーサリアムチェーン(ETH)やポリゴンチェーン(MATIC)など複数あってもリカバリーフレーズがあれば復元できます。
※チェーンの追加は都度行います。

リカバリーフレーズは12個又は24個の英単語がランダムに並びます。

ウォレットを新規作成したときに表示されるので必ずメモを取りましょう。

仮想通貨ウォレットの秘密鍵とは

仮想通貨ウォレットの秘密鍵とは、資産の移動をするときに使うパスワードです。

秘密鍵は仮想通貨を送金する際の電子署名(シングルシグ)として使われます。

署名とは、その資産は自分のものであるという証明です。

仮想通貨自体には、個人情報は紐付いていません。

個人情報の紐付けで所有者を証明するのではなく、秘密鍵を使って証明します。

秘密鍵を第三者に教えてしまうとウォレットの中身を勝手に送金されてしまいます。

被害の中で一番多いのが、リカバリーフレーズ・秘密鍵を第三者に教えてしまい資金やNFTが全て抜かれたケースです。

仮想通貨ウォレットの「リカバリーフレーズ」と「秘密鍵」は

  • リカバリーフレーズ=別環境でウォレットの復元
  • 秘密鍵=資産の移動

このような目的で使用するもので、リカバリーフレーズと秘密鍵は絶対に誰にも教えないように注意してください。

仮想通貨ウォレットの仕組み、マルチシグとは?

仮想通貨ウォレットの秘密鍵は署名であると解説してきました。

秘密鍵は1人で電子署名(シングルシグ)を行いますが、マルチシグは複数で署名します。

マルチシグは仮想通貨取引所のウォレットで使われている電子署名の方法です。

署名を複数にすると、1人の単独行動で資産の移動が出来ず不正流出を防げます。

仮想通貨取引所選びは、必ず「マルチシグ」を採用しているところにしましょう。

マルチシグ採用取引所

ウォレットアドレスとは?

仮想通貨ウォレットには「ウォレットアドレス(公開鍵)」と呼ばれるものがあります。

ウォレットアドレス(公開鍵)は銀行でいうところの「口座番号」です。

振込をする際、口座番号が必要なように仮想通貨を送金する相手のウォレットアドレスが必要です。

ウォレットアドレスを公開することは問題ありませんが、注意点があります。

  • ウォレットにある残高が誰でもわかる
  • 所有しているNFTがわかる
  • インタネーット上に公開すると消すことができない

ウォレットアドレスを第三者に教えても、先述した秘密鍵へたどり着くことはほぼ不可能と言われています。

プライバシーを優先したい人は無闇にウォレットアドレスの公開は控えましょう。

仮想通貨ウォレットは何種類?

ウォレットの種類

仮想通貨ウォレットには「コールドウォレット」と「ホットウォレット」の2種類あります。

2つの大きな違いはインターネットに繋がっているかどうかという点です。

種類インターネット接続の有無
コールドウォレットインターネットから遮断された環境
ホットウォレットインターネットに接続

インターネットに繋がっているから危険というわけではありませんが、ネットが遮断されているコールドウォレットの方が安全面では軍配が上がります。

ホットウォレットはインターネットに繋がっているため、仮想通貨の送金や受け取りが瞬時に行えるのがメリットです。

それでは両者を見ていきましょう。

ネット遮断のコールドウォレット

コールドウォレットはインターネットから完全に遮断された状態で仮想通貨を保管するウォレットです。

インターネットに繋がっていないためセキュリティレベルが一番高い保管方法で最も安心できる保管方法です。

日本の暗号資産交換業者は金融庁から顧客の資産をコールドウォレットで保管するよう義務づけられています。
※出典:https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/20210407_seidogaiyou.pdf

国内取引所のコインチェック・ビットフライヤー・ビットバンクはコールドウォレットで顧客から預かった資産を分別保管しています。

コールドウォレット採用取引所

コールドウォレットにはいくつか種類があります。

  • ペーパーウォレット
  • ハードウェアウォレット

ペーパーウォレットは紙に印刷をして保管する方法です。

ハードウェアウォレットウォレットはUSBタイプやカード型のものがあります。

手頃な価格で個人がハードウェアウォレットを持つことができます。

個人で持つなら見た目にもしっかりこだわりたいところ

ハードウェアウォレットは、インターネットに繋がっていないため直ぐに仮想通貨を送金したい場合には適していません。

そのため、頻繁に出し入れする用は「取引所・ソフトウェアウォレット」で保管し、長期保有(ガチホ)する仮想通貨はハードウェアウォレットで安全に保管が最適です。

個人で持つハードウェアウォレットおすすめ2選

使い慣れたUSB型やお財布に入れておけるカード型のハードウェアウォレットがあります。

見た目にもこだわりたい人はカード型の「」がおすすめです。

Ledger Nano S PlusとCoolWallet PROは高いセキュリティレベルで秘密鍵を守ります。

セキュリティレベル

  • USB型のLedger Nano S Plusは「CC EAL5+」
  • カード型のCoolWallet PROは「CC EAL6+」

「CC」とはコンピューターセキュリティの国際規格で、EAL1~7までの基準があります。

どちらのハードウェアウォレットも高いセキュリティで秘密鍵をオフラインで保管するため安全性が高い保管方法です。

利便性の高いホットウォレット

ホットウォレットはインターネットに接続されているので、スピーディーに取引を行うことができます。

ホットウォレットは3種類

  1. 取引所ウォレット
  2. ウェブウォレット
  3. ソフトウェアウォレット

それぞれセキュリティ面はしっかりとしたものですが、特徴を把握して使い分けるがおすすめです。

取引所ウォレット

取引所ウォレットはその名の通り、取引所に預けておく方法です。

日本国内の取引所は金融庁から様々な義務が課せられているため、ウェブ上の保管でも安心感があります。

取引所に預けておくデメリットは、取引所がハッキングに遭うリスクがある点です。

取引所ウォレットには直ぐに必要となる分だけ置いておき、長期保管はハードウェアウォレットへ送金するといいでしょう。

ウェブウォレット

ウェブウォレットを運営する会社がサーバー管理を行います。

IDやパスワードで仮想通貨を管理するため、多くの仮想通貨を保管するにはリスクが大きいため避けた方が無難です。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットのメタマスク

仮想通貨を管理する上でメジャーなのはソフトウェアウォレットです。

その中でも利用者の多い「メタマスク」がソフトウェアウォレットではメジャーです。

パソコンではChromeなどのブラウザの拡張機能にインストールして使うことができます。

メタマスクのインストール方法

スマートフォン版をリリースしているソフトウェアウォレットもあり、デスクトップのウォレットと共有することができます。

外出先で利用することも可能ですが、フリーWi-Fiなどの利用はハッキングのリスクが高いので注意が必要です。

仮想通貨ウォレットのリスクやデメリットは?

注意事項

仮想通貨ウォレットにはメリットだけではなく、リスクやデメリットもあります。

ここからはリスクやデメリットを解説するのでしっかり抑えておきましょう。

取引所ウォレットのリスク

取引所に仮想通貨を預けておく最大のリスクは「破綻」です。

2022年11月、世界大手の「FTX」が米連邦破産法11条(チャプター11)の申請を行いました。

チャプター11は日本でいう民事再生法です。

取引所が潰れると、ハッカーに狙われ仮想通貨取引所で管理している秘密鍵の流出が考えられます。

FTXも例外ではなく、破産申請後にイーサリアム(ETH)が不正流出した可能性が高まっています。

その点、日本の取引所は顧客資産を分別保管しているのでハッキング被害に遭ったとしても自分の資産が不正流出する可能性が低いと言えます。

ハードウェアウォレットのリスク

ハードウェアウォレットはハッキング被害に遭うリスクは格段に低くなりますが、秘密鍵などを管理する手間が生じます。

第三者に教えていけないのは以下2点

  • リカバリーフレーズの管理
  • 秘密鍵の管理

リカバリーフレーズ秘密鍵第三者に教えてしまうと、ハードウェアウォレットに保管している全てが盗まれてしまうので十分に注意してください。

また、リカバリーフレーズの管理や秘密鍵の管理を紙やプレートに印字して保管することもおすすめされていますが紛失しないように気をつけましょう。

紛失すると、復元・仮想通貨の移動が出来なくなるので注意が必要です。

まとめ

仮想通貨ウォレットの種類、取引所ウォレットの仕組み、コールドウォレットとホットウォレットの違いやおすすめのハードウェアウォレットについても解説してきました。

取引所やソフトウェアウォレットは頻繁に出し入れする用の仮想通貨を保管しておき、長期保有の仮想通貨やNFTはハードウェアウォレットで保管するのがおすすめです。

取引所もセキュリティについて万全の体制を整えていますが、安全性を高めるために分散して保管することでリスクを最小限に抑えることができます。

気軽に作れるのは取引所ウォレットなので、どんなものか試しに使ってみるのもおすすめですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次